良質な睡眠を得るためのレシピ【朝編】

良質な睡眠を得るためのレシピを5回に分けてお送りしていきたいとおもいます。

構成としては
【朝編】【日中編】【夜編】【睡眠中】【日常習慣編】の5回に分けてお送りしていくつもりです

起床後太陽光を浴びる(LEDライトも可)

太陽光を浴びることによって「セロトニン」(通称幸せホルモン)が分泌されます。

このセロトニンが分泌されていることによって、”眠気”から覚醒しやすくなるので、朝起きたら必ずカーテンを開けて太陽光を浴びましょう。

また、セロトニンは夜になったら、きちんとした”眠気”をも発生させるホルモンであるメラトニンの生成を助けてくれますので、超重要です。

朝起きたら、カーテンを開けてホルモンが分泌される一日の始まりを感じましょう。

朝早すぎて、”自分、起きる時間に太陽出てないんですけどぉ”な方も大丈夫です。LEDやスマホの画面を見ることによって、セロトニンは難しいですが肉体としては「覚醒」しますので、そちらで代替しましょう。

起床後、水を飲む

水を飲むことによって、内臓が身体が眠気から開放されたと認識して
体内時計をリセットしてくれます。

また、起床後すぐの水分補給は次の2つの点で良いことがあります。

①睡眠中に失われた水分補給

②腸を刺激することによって、お通じの改善
→水分だけをとることですばやく腸を刺激することができるので、調子が良ければ早い段階でうんちがでるはずです。

朝食を食べる

朝食は必ず食べましょう!
いいですか、必ず食べてください!死ぬほど大事なことなんです。

まず、朝食をいかにバランスよく食べれるかでその日の代謝が決定されます。

なので、朝食が摂れていないと、バッテリー節約モードのスマホのようになり
勉強しても中々インプットできない、仕事のパフォーマンスが上がらない(凡ミスが発生する)などが身体特性上発生しやすくなります。

朝食をしっかり摂れていると、代謝があがるので人によっては痩せれますし
体内時計のリズムが水分補給以上に整うのでその日の入眠も良くしてくれます。

理想はバナナだけやヨーグルトだけではなく、バランスよく、しっかり量を食べることです。むしろ朝に一日の最も多いカロリーを摂取する割合を食べれたら理想です。

起床時刻は一定にする

可能な限り起床時刻は一定にしましょう。

非常に難しいですが、「寝だめ」は実際問題できないものですし
体内リズムが狂う原因になります。

休みの日であっても極力同じ時間に起床することで
良質な睡眠が担保されやすくなります。

悪夢をみても気にしない!”悪夢は体験の自動治療”

悪夢をみても、基本的にネガティブに捉えなくて問題ありません。

なぜなら、夢はあなたの嫌な体験を脳は自動治療してくれているからです。

悪夢をみたとき、汗だくで目覚めたときの不快さは計り知れませんが
嫌な体験で脳がが反芻思考(ぐるぐる思考)しないようにしてくれているので

むしろ良いことだと捉えていきましょう。

ちなみに、下記の参考文献をご紹介いたします。

スポンサードリンク