良質な睡眠を得るためのレシピ【日常習慣編】

良質な睡眠を得るためのレシピを5回に分けてお送りしていきます。

今回は、
【朝編】【日中編】【夜編】【睡眠中】【日常習慣編】の【日常習慣編】をお送りします。

良質な睡眠のために、日常的に行ったほうが良いこと

腸内環境を整える

腸は第二の脳とも言われ、腸内を整えてあげると良いことばかりがあります。

特に睡眠についてはとても大事な役目を果たします。

睡眠導入ホルモン メラトニンの生成過程
タンパク質→トリプトファン→セトロニン→メラトニン
メモメモ 良質な腸内環境でいい睡眠ホルモンが生成される

手軽に腸内環境を整えられる食品3 選

①発酵食品(ヨーグルトやキムチがおすすめ)
※納豆は脂肪が多いので食べたいときのみ

②葉野菜など食物繊維が高い食品

③白米を大麦かさつまいもに変更する

適度な有酸素運動で自律神経を整える

余分な脂肪を落とす

余分な脂肪を落とすことで睡眠の質が上がります。太り過ぎには要注意

有名な実業家ほど寝ているから、自分も眠ったほうが良いと信じる

マッサージに行き独力ではほぐれない体の緊張を解す

良質な睡眠のために、日常的に行わないほうが良いこと

寝だめはできない&リズム乱れるのでNG

睡眠不足の時間分は睡眠負債となり体に蓄積されていきます。そのため負債分は多く寝る日を複数作り正常に戻していきましょう。

6時間未満の睡眠を日常にしない

ストレスを溜め込まない

ストレスが体を熱い状態にキープします。(ストレスを感じたときに分泌されるコルチゾールが生成されるときに体が熱くなるため)

加工食品を摂取しすぎない

もともと自然界にないもののため、腸内での分解に非常に時間がかかります。よって正常な睡眠ホルモンが生成されなくなってしまいます。

とくに、某ハンバーガー店のハンバーガーには不飽和脂肪酸が含まれ

人によっては消化するのに数週間かかる場合があります。

スポンサードリンク